ゴルフ 嘘を見破り、真実を暴き出せ!

 

[広告] 楽天市場

ゴルフマニア必見!最新情報

VR元年と呼ばれた2016年から早一年… 2017年は大豊作の年になりました!! いや~、PSVR発売前はソフトが配信されなくなるのでは?と心配していたけれど、蓋を開けてみるとリリースラッシュだったね。遊んでいる時間が全然足りなかった。 俺が買っただけでも100本ぐらいあるのかな…? とにかく、相当の数のソフトが配信されたよね? 満足です。 という事で、今日は総決算!! 今年1月1日~12月19日までにリリースされたソフトの中から、ベスト20を発表するよ。12月20日以降に配信されたソフトは来年のランキングに回すつもり。 んで、軽くルールについて説明しておくと、今回実写系コンテンツは基本的に除外します。何故なら、明日発表する予定のワーストランキングの上位が実写系コンテンツで埋まってしまうから(笑) あと、ゲームに限定していません。VRコンテンツであればOKです。 そして、俺が買ってプレイしたのは今年なんだけど、リリース自体は2016年だったソフト。これも除外します。例えば「EVE: Valkyrie」なんかも今回のランキングにはカウントしません。 はい!! 前置きはここまで。それじゃあ、いよいよ発表です。いってみよ~!!   第20位:Archange  世界中の男の子の夢。巨大ロボットを操縦して戦うというVR体験をPSVR発売からわずか1年で形にしてくれた良作。ラストの熱い展開も含め、映像だけじゃなくストーリーでも魅了してくれるロボットゲームの理想形とも言える内容は、”ロボット不感症”の俺でもグッとくるものがあった。これをベストVRゲームに挙げる人がいてもおかしくないね。   第19位:ヘディング工場  超美しい世界観と予想だにしない2つのエンディングでPSVR界の『風ノ旅ビト』の座についた国産VRゲームの傑作。ヘディングのチューニングもバッチリで、ゲームとしてもしっかり楽しめる文句なしにお薦めの一本。まだ買ってない人は是非買ってプレイしてみてよ。   第18位:眠れぬ魂  実写系作品だけどゲーム要素も含んでいるという意味で今回特別にランクイン。プレイヤーの見ている場所によってストーリーが分岐するという”VRならでは”のシステムはまさにインタラクティブシネマ。今後影響を受けた作品が作られる事で、より高い評価がされていくであろう野心作。   第17位:アンアーシング・マーズ  理屈抜きに愛おしい一本。クオリティーに多少の問題はありつつも、SFをテーマとしながらファンタジーを感じさせる世界観が何故か懐かしくて好きにならずにはいられない。人間ドラマにスポットを当てている所もいいし、台湾のインディーレーベルがこんな壮大な物語に挑戦したという事実にも心を揺さぶられる。多くの人が否定しても、俺にとっては特別な作品だよ。   第16位:Fantastic Contraption  2017年に発売されたPSVRソフトの中で、個人的に最もゲームとして面白かった一本。動作の安定性に問題を抱えながらも、全50ステージをクリアし終えた時の達成感は半端なかった。VRの中で工作をするというアイディアを見事にゲームに結びつけたと感心する。素晴らしい。   第15位:Castle Storm VR  全4章からなる圧倒的なボリュームと、少ない素材で多くの遊び方を提供したZenstudiosの作品。目線の移動を左右に絞る事で、自然にVRの利点を活かしたゲームデザインはめちゃくちゃ洗練されている。派手さだけを追い求めない一歩先を行くVRゲーム。   第14位:MEGATON RAINFALL  PSVR史上最も大規模な破壊合戦が行われる馬鹿ゲーにして、超馬鹿ゲー。『ドラゴンボール』の世界をVRで再現したらここまでカオスになるという、他のゲームでは絶対に味わえない究極のオリジナリティーに震えよ。   第13位:CroixleurΣ  一部機能制限を除き、ほぼ全編をVRで遊べるように作り上げた国内インディーの意欲作。シンプルな操作ながらも一筋縄ではいかないゲーム性はやり込みがい満点。かわいい女の子達とのコミュニケーション、ゲームを飽きさせないキャラ同士の掛け合い、アニメ絵を上手くVR空間に落とし込んだグラフィック。3人称VRゲームでも意味がある事を証明してくれる一本。   第12位:Skyrim VR  満を持してリリースされたVR史上最大のボリュームを誇る超大作。俺が「スカイリムVR」を評価している最大の理由は、TVのゲームをそのままVRに移植するだけでも、元のゲームが面白ければ成立するという事を証明してくれた点に尽きる。”VRらしさ”の定義が確立していないにも関わらず、「あれは意味がない、これも意味がない」と可能性の芽を摘んでいるメーカーが多い中、ゲームの内容で勝負に挑んだベセスダは偉大。”TVでやるぐらいならVRでやる”という価値観が早く浸透して欲しい。   第11位:Manifest 99  VRを通して”今やるべき事”が端的且つ最も理想的な形で表現された、VRゲームにしてVRドラマ。ある列車事故を通して語られる美しくも悲しい物語は強いメッセージ性を有しており、視線を使った操作がそれをより強調させる作りになっている。映像的にもため息が出るほど綺麗。『Allumette』同様、VRを手にしたら先ず体験するべき傑作として、今後も長く愛されていくと思う。  第10位:The Invisible Hours  屋敷で起こった殺人事件の一部始終を、プレイヤーが透明人間になって見届けるというオリジナリティー溢れるミステリー。VR空間での視点の置き方に多くの作り手が苦心惨憺する中、そこに斬新且つ高度な概念を持ち込み、物語を一方的に見せつけられるという問題を見事に解決している本作は、リアルタイムで進むストーリーの中、”歩くザッピングシステム”で今までにないゲーム性を提示してみせた文句なしの超傑作。   第9位:Infinite Minigolf  圧倒的な画質と背景の作り込みで、強力な”そこにいる感”を生み出したZenstudiosのパターゴルフゲーム。ディズニーのCGアニメを連想させるカラフルな世界観が、俺的には超ツボ。キャラクリやコースのエディット等、ゲームとしてもまったり長く遊べる作りになっている上、その全てがシンプルで親しみやすい。このクオリティーで1000円ちょっとというコストパフォーマンスも見事。   第8位:JAPAN Studio VR音楽祭  「ヘディング工場」のジェムドロップが開発に携わるコンサート観賞コンテンツ。分割されたスクリーンに映し出される高画質なコンサートの模様とゲーム映像。さらに、それを一緒に観賞してくれるキャラクターと背景の変化は、未来の音楽鑑賞に他ならない。VRでこんな事も出来
る!!という将来性を誰でもわかりやすく体験出来る超最高の一本。VRの普及に懐疑的な人がいるなら真っ先にこれを見せるべき。   第7位:Statik  ボタンが多くて慣れるまで複雑とも言えるデュアルショックの特徴を完璧にゲーム性に昇華させた超傑作パズルゲーム。箱で両手を拘束された姿勢が、デュアルショックを握る現実世界のフォームとシンクロしているのも見事なアイディア。パズルの内容やバリエーションもとんでもない完成度で、そんじょそこらのパズルゲームでは到底太刀打ちできない圧倒的なクオリティー。現時点で体験出来るVRゲームの最高峰。   第6位:The Lost Bear  VRゲームをするのではなく、”VR世界で”ゲームをするというメタ的な視点のトリックを使った横スクロールアクション。童話の中に飛び込んだような美しい映像とハートフルな物語。、そして、スクリーンの向こう側で起こる出来事がプレイヤーのいる世界に影響を与えるという、VR空間を”場”として使ったからこそ実現出来た体験も素晴らしい。程よいボリュームも含め全体のまとまりがとても良く、濃密で完成度の高い一本。   第5位:Polybius  奥行き型シューティングという一見地味で古臭いジャンルが、VRを通して革新的なゲーム体験に変わった。とにかく圧倒的な映像世界と異常なスリル。ストロボを焚いたような超強烈なフラッシュ映像の中を異次元のスピードで走り抜けていく様は、人類を超えた何かになってしまったようなトリップ感。ハッキリ言って、劇薬注意のシールを貼る必要がある。難易度がそこそこ高いけれど、諦めずに最後までプレイして欲しい。中盤以降その凄みを増してくるから。   第4位:GNOG  VRの可能性を立体視に託し、それを最大限に活かすグラフィカルな映像で驚きの体験を提供する「GNOG」は、本当の意味でVRの可能性を追求している作品。そこに現実との錯覚を追求する気は微塵も感じられず、あくまで凄い映像で勝負しようという強い信念が表れている。また、心地よいSEやお話も含め、ゲーム全体がとてもポジティブで優しい作りになっていて、HMDを外した時に「いい体験をしてきた」と心から気持ちよくなれるのはとても大切。   第3位:BIOHAZARD resident evil  これこそがVRゲームの頂点。恐怖をテーマに複合的なゲーム性を超高クオリティーでパッケージングした驚異の一本。個人的には屋敷を抜けた後の展開に一言も二言もあるんだけど、そんな事で評価が揺らぐようなヤワな作品じゃない。それぐらいに全てが高次元。追加コンテンツも内容が良く、『エンドオブゾイ』で見せた新しい戦闘パターンや『ベッドルーム』のギャルゲー要素等、まだ引き出しあんの?と本編終了後も楽しませてくれた一本。そして、「怖過ぎて部屋から出れない」と嘆く人達の気持ちをお察しします。   第2位:傷物語 VR  2017年の瞬間最大風速はコレ。VRにもすっかり慣れたと思っていた自分が、初めて体験した時に放心状態になってしまった究極の作品。そして、VRの明るい将来を確信した一本でもある。とにかく凄いとしか言いようがない。多くを語る必要も無いです。ただやってみて下さい。   第1位:The Solus Project  「はぁ!?」と言う人が沢山いるのはわかります。 でも、俺にとってはコレなんです。 漂流した無人の惑星でサバイバルをしながら星の謎を探る「The Solus Project」は、長時間プレイして初めて感じる没入感とリアルを体験させてくれるとんでもないVRゲーム。突如襲う超ド派手な隕石や竜巻、延々と移動してようやく辿り着く馬鹿みたいにデカい建造物、プレイヤーの自由を奪わないまま展開されるイベント、水や食料や体温を管理しながらのサバイバル生活。その全てに”時間経過”の概念があって、リアルを増幅させるために機能している。次第に「俺、この世界にいる…」という妙な感覚に陥ってしまうちょっと恐いゲームでもあり、異質な体験でもある。万人受けは絶対にしない。ただ、俺にとってはコレが2017年のベストVRソフトなんです。   まとめいかがだったでしょうか~? 1位に文句があるやつは俺の家まで来い!! 説教してやる(笑) しかし、こうやってランキングを作ってみたけど、やっぱ順位を付けるのは難しいね。その日の気分で変動するような曖昧なもんだよ。 因みに、次点というか…、ギリ20位に入れなかったのは「StarBlood Arena」や「THESEUS」辺りだね。両方とも超いい作品。 さて、じゃあ明日はワーストランキングだね。予定では20本じゃなくて10本にするつもり。悪い作品って少ないし。 うん、それじゃあまた明日~


ゴルフ 関連ツイート

今のところ3ラウンド連続お初コース。これからあと3ラウンドもお初コースばかり。ゴルフ場ていっぱいあるね。スコア出にくいかも知れないけど、色々行くの楽しいな。(^_^)
RT @DriftSeiya: 金曜日の夜中(4/21[土]00:17頃~)に駐車場荒らしに遭いました(奈良県生駒市)。盗まれた物は僕のコンプレッサーと同マンション住人のゴルフバックなど。

犯人は「シルバーの34スカイライン顔の34ステージア(ホイールはGT-R純正)」に乗っ…

RT @DriftSeiya: 金曜日の夜中(4/21[土]00:17頃~)に駐車場荒らしに遭いました(奈良県生駒市)。盗まれた物は僕のコンプレッサーと同マンション住人のゴルフバックなど。

犯人は「シルバーの34スカイライン顔の34ステージア(ホイールはGT-R純正)」に乗っ…

2019/07/13 ゴルフ 嘘を見破り、真実を暴き出せ! はコメントを受け付けていません。 ゴルフ

この記事もよく読まれています!

  • Gショック あったらいいなをカタチにする

      閉じる このページを見ている人が購入している商品 –> Gショック 清潔で美しくすこやかな毎日を目指す 皆さんこんばんは、遠野なぎこです私物紹介の続き~( ´ ▽ ` )ノこちら、最近購入したバッグ […]

  • 大学生が陥りがちな美味しい青汁関連問題

      [広告] 楽天市場 ここは美味しい青汁の合同コンパ お酒やお菓子はやめなきゃダメ?! 仕事終わりのお酒が毎日の楽しみ。 子供達とのおやつタイムが楽しみ。 お酒やお菓子って、結構毎日飲んだり食べたりしている人 […]

  • ダイエットをお取り寄せで購入するには通販が一番、オススメ品を多数ご用意しております

      [広告] 楽天市場 ダイエットの噂 ダイエット 関連ツイート @river_sea_Mt392 琥珀ダイエット?笑 ダイエットの前に笑い死ぬわwwwwww  2018/04/21 16:46 31243js […]

  • やっぱりゴルフが好き

      [広告] 楽天市場 ゴルフ 首筋の美しいひとが、ひっそり、悩んでいた。 171121(火)昼ついにその日は静かにやってきた。常々覚悟はしていた。 半チャンラーメンが静かに衰退している理由-東洋経済 […]

  • ダイエット あなたの健康と幸福に奉仕する

      [広告] 楽天市場 空とダイエットのあいだには 4泊5日の東京行きから帰って来ました。 . 安定の京都タワー🗼 . 京都駅で次男と待ち合わせして帰宅の途に。 . #美腸協会 #美腸プランナー #腸活 #腸も […]